企業看護師 産業看護師 求人

 更新日:2014/09/21

ニーズに応じた看護師求人の探し方

医療現場でも看護師不足は依然深刻なものとなり、多くの看護師求人が行われています。看護師の仕事は夜勤もあったりシフトが多かったりと無理の多い仕事のようなイメージを以前は持たれていました。確かに、高給で働こうと思えばそのような勤務形態で働くと確実性がありますが、例えば結婚して子育てをしながら働きたいという場合は少しフレキシブルであったり、日勤のみの勤務であったりしたほうが働きやすいという面もあります。看護師求人は幅広くなり、そのような日勤のみ、週に数回だけ、という働き方も認められるようになり、託児所つきの職場や、病院のみならずクリニックや、扶養の範囲内で働けるような職場などそれぞれのニーズに合わせた働き方ができるようになりました。さらに、企業看護師・産業看護師といった、企業内の健康管理室のような職場で勤務するということもできます。

看護師求人の見つけ方は様々です。例えば知人に紹介してもらう、地域の求人雑誌で探すなどの方法もあります。ただ企業看護師求人は、病院などの医療施設での求人とは異なり、極端に数が少ないようです。でも、非公開求人といって高待遇であるため応募の殺到を避けて一般には公開されないタイプの求人が比較的多くあります。自分の条件に合った求人を見つけるために、そのような非公開求人を含めた情報を手に入れておくと無理のない就転職ができるようになります。看護師の求人については多数の求人サイト、就転職支援サイトがあります。多くの支援サイトは無料で登録でき、コンサルタントの人にニーズを伝えることで非公開求人を含めた就職先を紹介してもらいやすくなります。サイト内でお給料や勤務形態を指定して就職先を検索することも可能です。

⇒ ナースではたらこ公式サイトはこちら


転職時に使う看護師求人の情報サイト

情報サイトの中でも就職、転職系の物はかなり実用的です。特に看護師求人がたくさん載っている専門サイトは、医療関連の仕事全般を探すのに役立ちます。こうしたサイトを活用し、条件を定めていって、自分の条件にマッチする物を探していくのは常識です。私たちにとって医療関係の仕事は大変特別な印象があり、誰もがあこがれる特殊な仕事なので、人気があります。仕事内容は人の命に直接関わるだけに体力的にハードで、夜勤もあることからかなり重労働に属する物です。ただ、看護師求人について説明したサイトを見ていくと、その仕事に誇りを持ち、やり甲斐を感じている人もけっこういることがわかりました。ここに感じ取れる物は、仕事としての格の高さです。

どの地域でも看護師求人はかなり多く、特に転職者が増えている現状があります。これは、どこの医療機関も現場での経験を持つベテランを求めているからです。病院などは常に戦場のような忙しさで、それに対応できるような人材が育つまでには時間がかかります。ハードな職場ゆえに、体調を崩す人もいるのです。そうした中で百戦錬磨のベテランを採用しようと考える医療機関は多く、彼らが募集を出して広く人材を募っています。応募する人は意外に多いようで、私も時折ネットでその情報を見ることがあり、興味を覚えました。医療分野の仕事はけっこうたくさんの人たちが興味を持っており、その仕事内容が社会貢献度の高い物なだけに、世間的な評価も高いです。看護師の勤務先としては、医療施設ばかりではありません。例えば、企業または産業看護師と呼ばれる職場です。会社に常駐する看護師としての働き方は医療施設とは違い、体や業務内容も格段楽な場合があり、その会社の社員としての待遇も受けられるため、人気があるようです。

看護師求人が多い理由

看護師求人が多い理由の一つに、仕事内容がハードであるということが挙げられます。かつては白衣の天使ということで憧れの職業というイメージでしたが、今ではそのイメージもかなり薄れてきています。人の世話というのは簡単に見えるようで以外にも難しいものです。看護が仕事ですので、当然患者の世話をする訳ですが、同時に観察もする必要があります。昔は医療に関するミスも多かったようですが、最近では少しのミスでも相手から訴えられたりもしますので、仕事をする上でかなり神経を尖らせる必要もあります。もちろん患者の看護をする上で、重たい荷物を持つこともあります。精神的な問題だけでなく、体力的にもかなり過酷な職場が多い状況です。

看護師の仕事が大変なこと理解できたと思いますが、そのような状態から抜け出すために止める人もいますが、看護師の仕事自体は好きだと言う人も結構います。ですので、正社員ではなくアルバイトを希望する人も多くいます。看護師求人も正看護師だけでなく、準看護師も結構募集があります。もちろんそれ以外にも理由はあります。看護師も見方を変えると一サラリーマンです。当然嫌な上司や部下もいます。仕事をする上で人間関係はとても大切な要素です。嫌な上司と8時間も一緒に仕事をするというのは、それだけでも大変なことです。いずれにしても働く場所の問題が多いのも事実ですので、入院病棟のない職場を求めて、転職する人も多い状況です。特に小さな子供がいる場合は、企業看護師または産業看護師という働き方がおすすめです。会社内での勤務となるので、その会社の就業時間に沿った勤務、常に患者と接することもなく病院に比べると業務量が少ないからです。